G7: Ise-shima Summit agenda announced, no supply chain

The Japanese government, currently the chair of the G7, informed civil society representatives of the agenda of the forthcoming G7 Summit at Ise-shima, Japan. Despite previous approaches from civil society actors, including a statement from the Network for a Japanese National Action Plan on Business and Human Rights in January 2016, the issue of human rights in business supply chains has not been included. This issue was discussed at the last summit, in Elmau, Germany, where the G7 countries announced their commitment to the UNGP and to ensuring "responsible supply chains".

[Summary of Japanese items, produced by the Business & Human Rights Resource Centre]

Get RSS feed of these results

All components of this story

Item
17 June 2016

G7: Responsible Supply Chains: Civil Society Response to the G7 Ise-Shima Leaders’ Declaration

Despite the measures taken by some G7 countries as outlined in the Progress Report submitted to Ise-Shima, the reality is that the global supply chain continues to be plagued by human rights violations, damage to the environment, and poor working conditions. Civil Society called repeatedly for the Ise-Shima Summit to take a hard look at this reality, and for the G7 countries to renew their commitment to take effective, meaningful measures. Nevertheless, “responsible supply chains” was not even included in the Ise-Shima agenda, and the final declaration includes only a brief reference in the section on trade that the G7 will “continue to strive for better application of internationally recognized labour, social and environmental standards in global supply chains”. Such a passing mention cannot be said to be sufficient, and it does not appear that the issue was discussed in any detail.

Download the full document here

Item
+ 日本語 - Hide

伊勢志摩サミットで提出されたG7伊勢志摩進捗報告書では、G7諸国が講じた対策が記載されたものの、世界のサプライ・チェーンでは人権侵害、環境破壊、劣悪な労働環境が依然として続いているのが現状です。市民社会は、伊勢志摩サミットがこの現実に向き合い、G7諸国による効果的で、意義のある対策に向けたコミットメントの強化を繰り返し要求してきました。しかしG7伊勢志摩サミットでは、「責任あるサプライ・チェーン」がアジェンダとして取り上げられることはなく、首脳宣言では、「貿易」の項に「我々は、国際的に認められた、労働、社会及び環境上の基準が、世界的なサプライ・チェーンにおいてより良く適用されるよう引き続き努力する」との一文が盛り込まれたのみでした。この言及は到底十分なものとは言えず、課題が詳しく議論されたとは考えられません。

Download the full document here

Article
1 May 2016

G7: The heat is on G7 leaders to clean up supply chains

Author: Sudeep Chakravarti, Livemint.com (India)

A group of 60 influential non-governmental organizations have targeted global supply chains, and are leveraging the forthcoming G7 summit in Japan this May. In a joint statement, the group has expressed concern that the summit will “fail to adequately address the grave human rights violations and environmental destruction that continue throughout global supply chains”.... The NGOs want to build on gains they perceived during the G7 summit in Germany in 2015, when G7 leaders collectively pledged to promote “responsible supply chains”. This grouping, which the New York-based Council on Foreign Relations terms an “informal bloc of industrialized democracies” and includes the US, Germany, UK, Japan, France, Canada and Italy (Russia was ditched in 2014 after it annexed Crimea), publicly supported the United Nations Guiding Principles on Business and Human Rights. ... Japan will have its work cut out during the summit as host nation with multiple opportunities of being embarrassed in front of the world. There are several major Japanese NGOs in the collective that plans to pressure G7 leaders ... 

Read the full post here

Article
25 April 2016

60 NGOs issue joint statement calling on G7 to fulfill supply chain commitments

Author: Save the Children Japan, World Vision Japan, CSO Network Japan, Human Rights Watch, Business & Human Rights Resource Centre

Several NGOs have issued a joint statement calling on the countries of the G7 to commit to protecting human rights and environmental standards throughout the global supply chain. At last year’s G7 Summit, in Schloss Elmau, Germany, the G7 made commitments to ensure “responsible supply chains”, and to uphold the UN Guiding Principles on Business and Human Rights. Despite these commitments, and despite previous calls by civil society, this issue has not been included in the agenda for this year’s G7 Summit, which will be chaired by Japan and which will take place at Ise-shima, Japan, in May 2016.

The Civil G7 Summit took place at Kyoto, Japan on 22 and 23 March 2016, where the NGOs who agreed to this joint statement presented their concerns to the “Sherpas”, the representatives of the heads of government of the G7 countries. These NGOs invite all concerned organizations to use the statement it in their advocacy. As of 15 April, 60 organisations signed on to the statement. 

 

Download the full document here

Item
+ 日本語 - Hide

私たちは、G7 各国政府、そしてとりわけ現議⻑国である日本政府に対して、以下の措置を取 ることを求めます。

--「責任あるサプライ・チェーン」が伊勢志摩サミットで効果的に議論され、G7諸国がエルマウ・サ ミットでの約束を完全に実行するための措置をとること。とくにG7諸国は、人権及び環境の最高の 国際基準に沿って企業が人権デュー・ディリジェンスを実施することを法的手段により保障するべ きです。

--「責任あるサプライ・チェーン」に関するエルマウ・サミットでの約束の履行について、G7アカウ ンタビリティ・レポートで明確に評価すること。

--サプライ・チェーンの透明性が極めて重要であることを強調し、労働者の権利の尊重と保護を促進 すること。透明性の向上に尽力してきた多国籍企業の存在も認めつつ、G7国は多国籍企業の透明性 をさらに高めることを要請するべきです。

--すべてのステークホルダーとの意味ある協議に基づき、効果的な「国別行動計画(NAP)」を策定 することによって、「国連ビジネスと人権に関する指導原則」を実施すること。その際、ステーク ホルダーにはNGO、労働組合、労働者の権利擁護団体、企業活動によって影響を受ける人を代理す る組織を含むこと。特に、「ビジネスと人権に関する国別行動計画」の策定準備プロセスをまだ開 始していないG7国、つまりカナダと日本に対し、遅滞なく取り組むことを私たちは強く要請します。 国別行動計画の策定は、2020年東京オリンピック・パラリンピックのホスト国である日本にとって、 とりわけ喫緊の課題です。 

--OECD各国連絡窓口(NCPs)のピア・レビューを義務化することにより、各国連絡窓口による苦情 対応システムを強化すること。その際、ピア・レビューのための十分な資金を各国連絡窓口とOECD 事務局のために準備し、各国連絡窓口の組織を強化するとともに、各国連絡窓口の手続きガイダン スを改訂すること。

--「持続可能な開発のための2030アジェンダ」採択後の最初のG7サミットとして、世界のサプライ・ チェーン上での労働者の社会的保護の侵害と児童労働のリスクに対処する有効な措置をとること。 その際、エルマウ・サミットでの約束を遵守するとともに、「持続可能な開発目標(SDGs)」8.7 及び8.8に沿った取り組みを行うこと。 

Download the full document here

Item
+ 日本語 - Hide

Author: ヒューライツ大阪

2015年6月のドイツ・エルマウサミットで取り上げられた「責任あるサプライ・チェーン」について、5月26日・27日に開催される伊勢志摩サミットでも取り上げるべきだとする提言「G7各国はビジネスと人権に対する取り組みの強化を」への賛同が、4月15日で国内外の60団体に達しました。日本政府へも4月19日に届けられています。児童労働、強制労働や過酷労働などの人権侵害、移民・移住労働者に対する搾取、資源開発現場での土地収奪の問題など、人権、労働分野はもとより、木材資源などをめぐる環境分野、さらには「持続可能な開発目標(SDGs)」やフェアトレードの取り組みなども含め、極めて幅広い分野とこの「責任あるサプライ・チェーン」は関連しています。それぞれの課題に取り組む国内外の多くの団体から強い関心が寄せられました。この提言では、グローバルなサプライ・チェーン上での深刻な人権侵害の現実を訴えた上で、伊勢志摩サミットにおいても、エルマウ・サミットを受け継いで「責任あるサプライ・チェーン」を取り上げることを求めています。具体的には次の内容を求めています。

Read the full post here

Item
+ 日本語 - Hide

Author: 2016年G7サミット市民社会プラットフォーム

 

3月3日(木)、名古屋市のJICA中部にてNGO・外務省定期協議会「2015年度第3回ODA政策協議会」が開催され、NGO側から2016年G7サミット市民社会プラットフォームと東海「市民サミット」ネットワークの設立について報告しました。また、外務省からはG7伊勢志摩サミットの議題について報告がありました。

伊勢志摩サミットでは伝統的な4つの議題である、1.世界経済・貿易、2.政治・外交、3.環境問題・エネルギー、4.開発に加え、5.女性の活躍推進、6.質の高いインフラ、7.保健

 を取り上げる、との発表がありました。

 

🚫Read the full post here